• Nana

お盆休みに

日本は 地球はどうにかなってしまったかのように暑いですね。

みなさん いかがお過ごしでしょうか。


私の住んでいる愛知県にも、独自の緊急事態宣言が発令されました。県外には容易にいけなくなってしまいました。今までは一人でフラっと近場の県外へ、車で一泊二日で美味しいものを食べに(というか美味しい酒を飲みに)いっていたんですが、この情勢の中では、気軽に一人旅もできません。


ということで、 家の掃除・断捨離を頑張りました。少し模様替えもしました。(新しい機材も入荷したし!)


昔の紙の写真はスキャンしてデータ保存、もちものを減らしました。

その中で出てきた昔の、まだクラシックを弾いていた私の写真が出てきました。インドネシアでノルシア先生というピアノの先生に習っていた時の発表会の模様です。


高校生だね、こりゃ。小さい頃からヤマハっ子です。(この衣装、まだ持ってる)

連弾もやりました。このからセコンド(低音)好きは変わってない。笑 でもペダルはまかせたいと思っている自己中セコンド。笑 でも自分がペダル入れたい時に無意識に相手の足を踏んでしまうセコンド。笑


この頃は、「現代音楽」というものには出会っていたものの、まだその素晴らしい実態を理解するには至っていなかった頃で、このピアノが好きなのかどうかわからないまま音楽をやっていました。消去法で言ったら、音楽以外何も残らなかったタイプの人間でしたから。


この2年後、高校卒業して渡米し、現代音楽にひた走る人生を送ります。笑

幸せな人生です。こんな人生を送らせてくれた両親にはただ、感謝しかありません^^


その大学時代にお世話になった恩師(と、私のTwin sisterオネィさん夫婦)のお宅はねこ屋敷で、常時5ー6匹の大型猫様と一緒に暮らしています。たくさんの生き物と代々んでいるということは、それだけ(自然的であろうと、人為的であろうと)別れを経験しているということで。恩師はアメリカ人ですが、奥様は日本人。色々ペットに関する価値観は違うということを痛感する場面に私も多々直面しています。獣医さんもそうです。対処の仕方にお国柄がとても顕著に出ます。


どっちが正しいとか間違ってるとか、そういうことじゃないのはわかります。どちらの価値観も、動物のことを思ってのこと、だということはわかるのですが、やはり国が違うと理解を得るのは難しいものだということは、痛感しました。


彼らと知り合ってから、私が知っている中で3匹目になります。

子猫の頃から知っています。本当であれば、4月にお会いできるはずの猫ちゃんでした。

ご冥福をお祈りするよ、フミオ。

歴代猫さんと一緒に、今は虹のむこうで元気に跳ね回っていることでしょう。


さて。


自粛が再度叫ばれている中、ライブが立て続けに4本入っていましたが、その中で2本は中止、1本は継続、1本は無観客配信ライブへ変更してもらいました。


人生初の無観客ライブ、そしてフルでフュージョンもりもりのライブ。

フリージャズ専門の(しかもキーボーディストじゃなくてピアニストの)私がなぜこんなところへ呼んでいただけるのか、といつも疑問に思っていますが、いつもライブが始まってしまえばとても楽しいです。一緒に演奏していることがただただ、楽しいと思える人に呼んでもらえるのは嬉しいことです^^私の演奏にも意味がある、と思ってくれる人がいることもほんと嬉しいです〜!


初めての配信ライブ、とても興味深かった!


そして。


せっかくのお盆休み、県内なら少しは許してほしいと思いトヨタ博物館へ行ってきました。車、みるのは好きなんです。運転するのは苦手で、そんなに詳しくないですが。


10月まで、20年前の未来のコンセプトカー、という企画展をされているので、行ってみると面白いと思います!


今の車はつり目のシュッとした子が多い中、昔の車は丸目でポテっとしていて、内装がシンプルな子も多い。今、乗りたいなと思う車が多いです。ほんと、これまじほんと!


是非!


こんなマスコットのついてる車。乗りたいなあ。

24回の閲覧

© 2020 by Nana Omori. All rights reserved.

Photos by courtesy of akisuke minami & Atsushi Murakami

& Shinichi Nakamoto & Kentaro Oogiura